1 事業目的・役割

指定情報公表センターは、「介護サービス情報の公表」制度にかかる計画の立案、介護サービス事業所情報(基本情報・調査情報)の報告受理、調査機関との調整、及び公表システムの維持管理等公表制度に関する事務の全体を管理運営する機関です。指定情報公表センターは、公正かつ的確な情報公表実施に留意し、また特定の事業所に偏ることのない公平・中立な情報公表事務を行う責務があります。

2 事業概要

(1)情報公表業務
「介護サービス情報の公表」制度の円滑な運営に資することを目的とし、次の業務を行っています。

ア 情報公表に関する計画立案(報告計画・調査計画・公表計画)
神奈川県内の介護事業者が提供する介護サービスに係る介護サービス情報(「基本情報」及び「調査情報」)の報告、受理、調査、公表に係る事務を効率的かつ円滑に実施するため、報告計画※1、調査計画※2及び情報公表計画※3を一体のものとして定めた計画を立案し、神奈川県へ提示しました。

※1 報告計画とは、全体計画の第一段階で、公表対象事業所が「基本情報調査票」と「調査情報調査票」を指定情報公表センターに報告し、審査を経て受理が決定するまでの計画のことです。
※2 調査計画とは、全体計画の第二段階で、公表対象事業所が指定情報公表センターに報告した調査票の内容を、指定調査機関の調査員が実際に事業所に赴き、調査(事実確認)を行うまでの計画のことです。
※3 情報公表計画とは、全体計画の最終段階で、指定情報公表センターが公表対象事業所の調査結果(「基本情報」と「調査情報」)を受理してから、指定情報公表センターホームページで広く一般の方へ公表するまでの計画のことです。

イ 情報公表に関する調査票の審査、受理及び報告結果の公表
公表対象事業所より報告された「基本情報調査票」と「調査情報調査票」(以下報告書)を確認し、書式に不備がなければ受理します。また、指定調査機関が公表対象事業所の訪問調査を行った後、指定調査機関より報告された調査結果を情報公表システムに登録し、インターネットにより公表します。

ウ システムの運用管理
指定情報公表センターでは、介護サービス情報公表制度に基づいて、報告、調査、公表に関する業務を行うと共に、情報公表システムの維持管理を行い、常に最新の公表情報を県民の皆様に提供しています。

【神奈川県介護サービス情報公表システム】
ホームページアドレス http://www.kaigokensaku.jp/14/

top01

 また、指定情報公表センターのホームページは、制度の趣旨説明や計画の掲載だけでなく、調査票の記入、提出などを行う「報告システム」や調査日程の予約や進捗状況を確認する「計画管理システム」のポータルサイトとしての役割も担っています。なお、これらシステムの詳細は、④「報告システム・計画管理システムの運営管理」を参照してください。

【神奈川県介護サービス情報公表センター】
ホームページアドレス http://center.rakuraku.or.jp/

top02