神奈川新聞社ではこのたび、毎日10分の神奈川新聞の音読で脳機能の活性化が
期待できることをご紹介したパンフレットを作成しました。

ご紹介パンフレットはこちら
http://www.kanafuku.jp/images/news_member/2017082101.pdf

10年ほど前、文章の音読が脳機能の活性化に効果があることが分かり、
その教材として1.継続しやすい、2.毎日新情報が読める、3.話題も増えて会話もはずむ-
などの理由から新聞が最もふさわしいとして注目されました。
弊社はそれを踏まえ、今回のパンフレットでは神奈川新聞の「わが人生」を
音読することで認知症の予防など脳機能の活発化が期待できることをご紹介しています。

「わが人生」は財界・政界などで本県にゆかりのある人物が、
自身の生い立ちからこれまでの人生を振り返る企画です。

なぜ神奈川新聞の「わが人生」が効果的なのかというと、
1.登場するのは本県にゆかりの人物で、親しみがある
2.また高齢者施設の利用者と同年代が多く、戦争や高度経済成長、昔の農村の暮らしなど、
利用者の人生と共通する内容も多い
3.文章の長さが高齢者が10分間音読するのに適している-
などからです。

音読の進め方については、個人がそれぞれで行ったり、
施設利用者全員が声をそろえて行ったりと、施設の状況にあった方法で結構です。

弊社は現在、1週間無料で神奈川新聞が読める「お試し読み」を行っています。
この機会に10分音読で利用者様の認知症予防や健康長寿に取り組んでみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先
神奈川新聞社販売局
望月 寛之
045(227)0700