文字サイズ

疾患別ケアマネジメントと小規模多機能型居宅介護等の可能性

小規模多機能型居宅介護及び看護小規模多機能型居宅介護に関するセミナー事業(神奈川県委託事業)

 地域包括ケアシステムの構築のためには、在宅サービスのより一層の充実が不可欠であり、その中でも小規模多機能型居宅介護および看護小規模多機能型居宅介護は大きな役割を期待されています。事業所数も増加傾向にあり、国の施策の方向性として、今後も更なる充実が予想されています。
 当セミナーでは、小規模多機能型居宅介護等のみならず、地域包括ケアシステムや地域共生社会に向けたこれからのケアマネジメントについて、ご利用者の状態やニーズを踏まえた介護サービス、保健医療サービス、インフォーマルサービス等を総合的に提供する環境整備に資するための適切なケアマネジメントについて学びます。


 「疾患別ケアマネジメントと小規模多機能型居宅介護等の可能性」
   地域生活を支えるための疾病の悪化予防や状態の維持・改善の観点に立ったケアマネジメントについて学びます。

  ◆日時  11月12日(火) 14:00~16:00
  ◆会場  ユニコムプラザさがみはら セミナールーム1(相模原市南区相模大野3-3-2 bono相模大野サウスモール3F)
        小田急線 相模大野駅より徒歩3分 
  ◆講師  齊木 大(株式会社 日本総合研究所 シニアスペシャリスト)
  ◆対象  介護支援専門員
       ※当セミナーは主任介護支援専門員更新研修の受講要件に該当し、受講証明書を交付いたします。
  ◆料金  無料
  ◆定員  40名

  ★詳細・お申込みはこちら★



 上記以外にも、相模原と横浜におきましても下記テーマにて開催いたします。
 ◇【藤沢開催】小規模多機能型居宅介護等におけるケアマネジメント
 ◇【横浜開催】地域における自立支援・介護予防型ケアマネジメント


 

ページトップ