文字サイズ

地域包括ケアシステム推進に向けたVR(バーチャルリアリティ)体験会

小規模多機能型居宅介護及び看護小規模多機能型居宅介護に関するセミナー事業(神奈川県委託事業)

 超高齢社会に入る2025年には「5人に1人」が認知症になるといわれる中、最期まで住み慣れた地域で過ごすためには、すき間や切れ目のない地域の包括的な支援が不可欠です。

 今回は地域包括ケアシステム推進に向け、地域で看取ること、そして認知症を「じぶんごと」として体験することをVR(バーチャルリアリティ)を通じて体感するセミナーを開催いたします。
 その人らしい最期を迎えるためのかかわり、認知症を知ることでできるケア、そして、介護の仕事とは何かを今一度見つめ直す機会になると幸いです。 


 【開催概要】
 ◆日時  10月24日(木) 第1回 13:00~15:00
              第2回 14:00~16:00


  ◆会場  カルッツかわさき 大会議室(川崎市川崎区富士見1-1-4)
      JR川崎駅より徒歩15分、バス5分 

 ◆内容  ・VR(バーチャルリアリティ)体験会

      ・講演「地域をひとつの大きな家族に」
        菅原 健介氏(株式会社 ぐるんとびー 代表取締役)

 ◆料金  無料

 ◆定員  各回50名(第1回、第2回ともに同じ内容です。)

  ★第1回 詳細・お申込みはこちら★
  ★第2回 詳細・お申込みはこちら★


【問い合わせ先】
 かなふく人財センター 経営支援課
 TEL 045-227-5692
 FAX 045-671-0295

関連情報

こんな事業所におススメです。

・アンケート等の匿名で利用者(ご家族)の声を聞く仕組みがない。
・利用者(ご家族)からの評価を職員の意欲向上に活かしたい。
・外部からサービスの質向上に繋がるヒントを貰いたい。
・来年度、情報公表制度における訪問調査を予定している。
 (訪問調査の免除申請を行う事ができます。)

ページトップ