文字サイズ

人生の最終段階をケアするために…
最期まで心に寄り添う
~住み慣れた地域で穏やかに迎える社会に向けて~

【神奈川県主催事業】小規模多機能型居宅介護等普及促進セミナー

 超高齢社会に突入し、2040年には166万人の方が亡くなる「多死高齢時代」に突入すると言われています。これまで最期のときを迎えていた医療機関や施設などの受け皿が増えていかない中では、最期まで住み慣れた自宅で穏やかに暮らせる社会を実現していく必要があります。その実現には死にゆく人の心に寄り添い家族や介護者へのケアをしていく「看取り」を自分ごととしてとらえ、考えていくことがとても重要です。
 「人生の最終段階をケアするために。」これからの地域包括ケアシステム推進に向け、地域で看取ること、そしてその最期に向けてできることを現役看護師であり僧侶である玉置 妙憂氏と一緒に考えてみませんか?


 【開催概要】
  ◆日時  令和2年1月16日(木) 14:00~16:00

  ◆会場  鎌倉芸術館 集会室(鎌倉市大船6-1-2)
        JR 鎌倉駅より徒歩10分

  ◆定員  50名

  ◆料金  無料

  ◆講師  玉置 妙憂 氏(非営利一般社団法人 大慈学園 代表)

  ★詳細・お申込みはこちら★



【問い合わせ先】
 かなふく人財センター 経営支援課
 TEL 045-227-5692
 FAX 045-671-0295

ページトップ