文字サイズ

令和2年度

地域密着型サービス外部評価 受審料変更のお知らせ

 新型コロナウィルス感染症等の社会情勢を鑑み、事業所様の負担軽減のため、令和2年度より価格変更を行いました。

  
【変更前】
  1ユニット 107,000円/2ユニット 109,000円/3ユニット 111,000円/4ユニット 137,000円
    ↓
  【変更後】
  ユニット数にかかわらず、一律 99,800円


 ★地域密着型サービス外部評価とは?
   事業所が日ごろ提供しているサービスを点検し、サービスの質の向上に結び付ける仕組みです。評価のプロセスを通じて
  事業所の優れている点や課題を整理し、改善のポイントを明確にします。
   認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)は、原則として年1回の受審義務があります。
   ※一定の条件を満たすと2年に1回の受審となります。


 申込み
  下記から申込書をダウンロードし、必要事項を記載の上、メール添付またはFAXにてご送付ください。
  
    申込書はこちら(word形式)  

  ・かながわ福祉サービス振興会では迅速な処理により、最短7週間でお申込みから公開まで完了することが可能です
   (事業所様側のお手続きに時間がかかる場合は、その分期間が延長します)。緊急を要する場合はご相談ください。

   ※通常は3ヵ月程度の準備、調査期間を経て実施証の交付となります。

  ・当該年度分の受付は1月31日までとさせていただきます。それ以降のお申込みは年度内に訪問調査が実施可能かご相談の上、
   対応させていただきます。

  ・現在は新型コロナウィルス感染防止のため、オンラインによる調査も実施しております。

 

かなふくの外部評価 調査方法へのこだわり


 かながわ福祉サービス振興会では、外部評価調査員研修を修了し副調査員として十分な経験を積んだ者のみが、主任調査員として訪問調査を行うシステムになっています。調査員として十分な実力を保証致します。また、ヒアリング調査の質を確保するため、ヒアリングは主任調査員が一貫して行います。

かなふくの外部評価 調査員教育の充実

・かながわ福祉サービス振興会では、年4回の調査員勉強会を実施しています。また、年間100講座を開講する「かなふくセミナー」の中から、外部評価に関連する講座を開放し、学習を促しています。
・最新法令や社会情勢等について、迅速に全調査員に告知し、評価機関としての考え方を通達しています。その結果、調査員が個人的に判断する事なく、評価機関として一貫した視点で調査にあたっています。
・毎年開催される外部評価フォローアップ研修の受講料を負担し、外部評価に関する知識を最新の物に更新しています。


☆調査員の声☆

 地域密着型サービス外部評価調査に従事して十数年、事業所の皆様と様々な観点から意見交換を積み重ねてまいりました。最近では、開放され、全体が明るく楽しそうな雰囲気に満ちたホームで、職員が温かく丁寧なケアを行い、ご利用者様がのびのびとくつろいで過ごしている場面を見ることが多くなりました。これからも、さらに素晴らしいホームが増えるお手伝いができるよう、日々研鑽を積んで調査にあたりたいと思います。

 調査に当たっては、できるだけ思いに寄り添いながら客観的に温かみのあるヒアリングするよう心掛けています。提供しているサービスで今まで気付いていない良い点や、課題などを一緒に考える中で一時でも信頼関係ができればと思っています。抽出した課題の中から目標設定されたことがサービスの改善や職員様のやる気につながったというお話をお聞きすることもあり、そのようなお話をいただくと、喜びを感じます。
 
かなふくの外部評価 受審事業所への還元

希望があれば運営推進会議に参加し、外部評価とはどういうものなのか?調査結果はどうだったのか?などの説明を調査員自ら発表します。

・受審事業所の皆様を招待し、フォローアップのためのフォーラムを開催しています。
 令和元年度はバーチャルリアリティを用いての認知症体験講座を開催しました。

 

 外部評価の意味や意義について、常に考えながら調査を行っています。令和2年度は新型コロナウイルス感染防止のため、訪問をせず調査を行うこととなった事業所様が多くありました。そのような状況でも、従来の方法と遜色ないクオリティの調査を、こんな状況だからこそ意味のある対話ができるように、最新の社会情勢を反映した柔軟かつ有意義な調査を心掛けております。
 

「評価を通じて、ともに歩む事業所づくり」 皆さまからのお申込みをお待ちしております。



【お問合せ】
   経営支援課
 TEL:045-227-5692
 FAX:045-671-0295
 MAIL:hyouka(アットマーク)kanafuku.jp
                 担当:田中


 

ページトップ