メニュー

かなふくセミナー詳細

認知症ケアにおける支援プロセスの理解 ~よりよく暮らしていく⽀援を実践するために~

概 要

認知症の人がよりよく暮らし、〝その人らしい生活〟を送れるよう支援するためには、本人を起点に互いに協力し合いながら、ケア関係者等が共通の情報と意識を持ってサポートすることが必要です。
本研修では、「本人にとってのよりよい暮らし(本人本位)」の実現に向けた一人ひとりへの支援プロセスを学び、認知症ケアにおける視点を地域、家族と共有し、一緒に取り組めるケア・サポート方法を学びます。

センター方式の様式を使用して
手がかり探し⇒支援プロセス⇒解決策を体感します

内 容

≪カリキュラム≫
≪講 義≫
■本人にとってのよりよい暮らしとは
■認知症ケアの視点
■本人がよりよく暮らしていく支援を
実践していくために
≪演 習≫
○本人の言葉や姿から支援のヒントを見つける
○本人にとっての資源を話し合う
○本人にとってのよりよい暮らしについて
話し合う
センター方式の様式を使用して
手がかり探し⇒支援プロセス⇒解決策を体感します

アイコン画像
受付中
日程 2019年12月12日(木)
10:00~16:00 ( 受付 09:30~ )
講師 小森 由美子
会場
  • 振興会セミナールーム
  • 〒231-0023
    神奈川県横浜市中区山下町23番地
    日土地山下町ビル 9F
対象 介護福祉関係者及び興味のある方
タグ
認知症理解 初級~中級
料金
  • 一般 : 10,000円
  • 法人会員 : 8,000円
  • 個人会員 : 8,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書[PDFファイル]

講師プロフィール

小森 由美子
認知症介護研究・研修東京センター 客員研究員 ・ NPO法人 地域生活サポートセンター理事

大学病院で勤務していたが祖母の介護のために退職。認知症でほぼ寝たきりの祖母を、失敗を重ねながら家族と介護。その後、約30年、介護や保健教育に携わり、現在は認知症をテーマに地域支援に係る介護人材・チームづくり、診断前後の認知症の本人・家族への暮らし方アドバイス、地域づくり等に取り組んでいる。看護師/医療政策学修士

アクセス

  • 振興会セミナールーム
  • 〒231-0023 神奈川県 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル 9F
  • みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口(情文センター)徒歩5分
  • 電話番号 : 045-210-0788
  • FAX番号 : 045-671-0295
セミナー一覧へ戻る
トップへ