メニュー

かなふくセミナー詳細

介護の現場力!介護過程の理解と事例展開 【6月25日→11月11日に延期】

概 要

介護過程は、介護の目的を達成するために行う専門知識を活用した客観的、科学的な思考過程で 「アセスメント→計画の立案→実施→評価」の順に系統的な方法で行います。
効率を求めるより、「自分らしい生活」、「QOLの向上」、そしてつぶさな観察と記録・報告の視点についても不可欠な要素です。介護の仕事をしていく上では、「介護過程の展開」ができるということが、介護のプロとしての必須のスキルとなります。
当セミナーでは、介護過程の考え方を学び、、生活支援技術と社会資源を踏まえた具体的な事例展開、介護計画の立案などの適切な介護サービスを提供するための経過を体感しながら実践的に学びます。

内 容

≪カリキュラム≫
■「介護過程」の考え方とルール
支援技術等のベースとなる知識
介護過程に必要な社会資源の理解
■「介護過程」の思考と
実践段階の理解
介護過程の意義
介護過程の展開
介護過程の実践的展開
■介護過程の実践
介護過程の事例展開
アセスメント⇒計画立案
⇒ケア実施⇒評価の過程を実践

アイコン画像
受付中
日程 2020年11月11日(水)
10:00~16:00 ( 受付 09:30~ )
講師 青木 宏心
会場
  • 振興会セミナールーム
  • 〒231-0023
    神奈川県横浜市中区山下町23番地
    日土地山下町ビル 9F
対象 介護福祉関係者及び興味のある方
タグ
介護知識 初級~中級
料金
  • 一般 : 10,000円
  • 法人会員 : 8,000円
  • 個人会員 : 8,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書[PDFファイル]
受講方法 会場

講師プロフィール

プロフィール画像
青木 宏心
社会福祉法人喜寿福祉会 理事 兼 障がい部門責任者 /桜美林大学老年学総合研究所 連携研究員 /カンボジア学校法人 KAIGO日本語学院 顧問

桜美林大学大学院国際学研究科博士前期課程老年学専攻修了。
特別養護老人ホームで介護職員および生活相談員として10年間勤務した後、教育研究機関に14年間身を置き、大学准教授を経て2015年より現職。主な著書は、『介護概論』(全国社会福祉協議会)、『介護過程』(ミネルヴァ書房)、『介護過程とコミュニケーション』(日本医療企画)など。近年は、中央法規出版等で社会福祉士および介護福祉士の国家試験対策講座の講師のほか、特定技能1号や在留資格「介護」を目指す外国人を対象にした集中講義をプノンペンにて展開中。

アクセス

  • 振興会セミナールーム
  • 〒231-0023 神奈川県 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル 9F
  • みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口(情文センター)徒歩5分
  • 電話番号 : 045-210-0788
  • FAX番号 : 045-671-0295
セミナー一覧へ戻る
トップへ