かなふくセミナー
かなふくセミナー
一覧に戻る

カラダにやさしい古武術介護

日程 平成28年7月14日(木) (10:00~16:00)(受付時間 9:30~)
講師 岡田慎一郎
東京富士大学 特別講師 1972年生まれ理学療法士 介護福祉士 介護支援専門員
会場 ウィリング横浜 10F 介護実習室Ⅱ [地図]
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1ゆめおおおかオフィスタワー
京浜急行及び横浜市営地下鉄「上大岡駅」より徒歩3分
対象 介護福祉関係者及び興味のある方
推奨職員:(初級・一般)
料金 一般:10,000円
法人会員:8,000円
個人会員:8,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書 [ PDFファイル 2584.1KB]
備考 動きやすい服装でお越し下さい(演習があります)

受付終了


~一部介護~全介護まで、体を痛めず、やさしい介護をする秘訣~
筋力に頼らず、身体に負担をかけない「古武術」の動き、発想をヒントにして考案されたのが「古武術介護」です。発想と動きの質を転換することによって、すべての介護技術の基盤となる「身体の使い方」を改善し、その結果技術も質的に改善されてゆくことを提案します。
介護者の負担を軽減すると同時に、介護を受ける方にもやさしい技術を目指し、基本的な技術から、現場に即した実践的な技術まで幅広く行います。実際に身体を動かしながら実技を行いつつ、論理的な解説も同時にしていきます。
そして、個別のご質問にも、時間の許す限り、お答えしていきます。どんどん、ご質問を持ち寄っていただき、講習で学んだことを現場に活かす橋渡しもしたいと考えています。机上ではない、実践的な講習会をご一緒に創り上げていきましょう!

≪カリキュラム≫
1、介助するための身体づくり
●介助技術の土台となる下半身
●相手との接触点となる上半身
●全身を連動させ、動作を向上させる体幹部
2、介助技術を楽に行う3つの原理
●原理1 背中と腕とを連動させる「手の平返し」
●原理2骨盤ポジションのコントロール
●原理3対象者との一体化
3、介護技術への応用例 ~一部介助から全介助まで~
  ●ベッドでのポジショニング
  ●転倒者への対応、床~ベッドへの移乗動作
  ●床、ベッド~車椅子、トイレ間の移乗動作など
  ●体の使い方の原理を現場で応用するための発想と実践へのヒント
4、質疑応答  講習時間内、休み時間、終了後とも自由に行ってください

講師プロフィール 岡田慎一郎

東京富士大学 特別講師 1972年生まれ理学療法士 介護福祉士 介護支援専門員


身体障害者、高齢者施設に勤務し、独自の身体介助法を模索する中、武術研究家の甲野善紀氏と出会い、古武術の身体運用を参考にした「古武術介護」を提案したところ大きな反響を呼んだ。近年はさらに普遍的な身体介助技術と運動理論を追求。介護、医療、リハビリ、育児支援教育など、幅広い分野で身体を通した発想と実践を展開させ、講演、執筆、企業アドバイザーなど多岐にわたる活動を行う。
著書に「カラダを痛めない古武術介護」学研、「介護福祉士実技試験合格ガイド」 晶文社 
「腰痛のない身体介助術」医学書院など多数。
公式ホームぺ―ジ (岡田慎一郎で検索) http://shinichiro-okada.com/  

地図

受付終了

このページの上に戻る

© Copyright 2009-2014 Kanagawa Welfare Service Association
All rights reserved.