文字サイズ
 

かながわ福祉サービス大賞

かながわ福祉サービス大賞とは

 福祉の現場に光を当てることを主眼に、福祉サービスに係る未来を拓く先進事例を発掘・紹介する「かながわ福祉サービス大賞~福祉の未来を拓く先進事例発表会~」を平成24年より開催しています。優れた事例を表彰することで、福祉サービスの持つ魅力を周知し、サービスの質の向上を図ることを目的としています。

 

 令和6年4月17日(水)、第11回かながわ福祉サービス大賞先進事例発表会がロイヤルホールヨコハマにて行われました。当日は70名を超えるお客様を前に、入選された6団体に発表をいただきました。井手委員長をはじめとする審査会による審査を経て、大賞、審査員特別賞、優秀賞が決定、表彰を行いました。

 大賞
   『違いを「楽しみ」そして「繋がり」~助け合える地域へ~』

   NPO法人霧が丘ぷらっとほーむ
   

 審査員特別賞
   『深層的ダイバーシティを実現し、誰もが働きやすい職場環境を創り出す』
   社会福祉法人啓生会 リハビリ&デイサービス アーブルヴェール

 優秀賞
   株式会社アイシマ 小規模多機能型居宅介護事業所パレット
   社会福祉法人横浜市福祉サービス協会 横浜市大場地域ケアプラザ
   一般社団法人インクルD
   NPO法人永田みなみ台ほっとサライ

 大賞に輝いたNPO法人霧が丘ぷらっとほーむは、シニア世代、子育て世代、外国人という異なるコミュニティが繋がり、多世代×多文化による住民主体の活動を行っている団体です。「ぷらっとkiricafe」を中心に、小さなヘルプを持ち寄り支え合う豊かな交流を行い、運営者自らが楽しむをモットーに助け合える街づくりを行っていらっしゃいます。

 当日、会場にはボランティアを行っているシニア世代の大応援団が駆けつけてくださいました。まさに『共創』の実践!心温まる発表でした。
 審査員長の講評では、甲乙つけ難いレベルの高い回だったとお話がありました。
 当日の事例発表や表彰、審査員による講評はYoutubeのかなふくちゃんねるにて配信しています。是非ご覧ください! 

今年度開催詳細はこちらをご覧ください。


かながわ福祉サービス大賞受賞者

第1回
(平成24年)
「被介護者ではなく地域資源としてのお年寄、たくさん!」
 小規模多機能型居宅介護おたがいさん   加藤 忠相 氏
第2回
(平成25年)
「その人らしい住まい方実現~豊かな感情表出・自由に外出できる暮らし~」
 株式会社学研ココファン 学研ココファン日吉    永田 恭子 氏
第3回
(平成26年)
「利用者の生きるに寄り添って」
 有限会社ふれんどりぃ    筒井 すみ子 氏
第4回
(平成27年)
「~小規模多機能は在宅への架け橋となり得るか~」
 社会福祉法人 愛翁会 小規模多機能ホームななかまど   板澤 圭一 氏
記念大会
(第1~4回大会の受賞者皆さまとのシンポジウムを開催)
第5回
(平成28年)
「地域の中にある開かれたサ高住を目指して」
 株式会社ツクイ ツクイサンフォレスト横浜戸塚東   森田 恭子 氏
第6回
(平成29年)
「地域を一つの大きな家族に」
 ぐるんとびー駒寄    菅原 健介 氏
第7回
(平成30年)
「川崎市の福祉が里山の福祉を変える~600kmを超えて共生と連携~」
 株式会社アイム    河野 誠二 氏
第8回
(令和2年)
(コロナ禍で行った事例を共有するという趣旨で開催し、大賞等の選考は中止)
第9回
(令和3年)
「福祉事業を越え、住民相互の支え合いへ」
 特定非営利活動法人ぐるんとびー 菅原 健介 氏
第10回
(令和4年)
(大賞選考はなく優秀賞3事例受賞)
第11回
(令和5年)
『違いを「楽しみ」そして「繋がり」~助け合える地域へ~』
 NPO法人霧が丘ぷらっとほーむ
【第11回大会 協賛団体】
  ■スポンサー
   株式会社日本コンピュータコンサルタント 様

  ■パートナー
   KDDIまとめてオフィス株式会社 様

  ■サポーター
   シフトテック株式会社 様
   川崎市福祉サービス協議会

    川澄 弘喜 様
 
【第11回大会 後援団体】
  神奈川県/横浜市/川崎市/相模原市/社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会/社会福祉法人横浜市社会福祉協議会/
  社会福祉法人川崎市社会福祉協議会/社会福祉法人相模原市社会福祉協議会/公益社団法人神奈川県社会福祉士会/
  一般社団法人神奈川県介護支援専門員協会/公益社団法人神奈川県介護福祉士会/公益社団法人かながわ住まいまちづくり協会/
  神奈川新聞社/tvk/FMヨコハマ

ページトップ